スポンサードリンク


この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

EMS

    EMS(Electrical Muscle Stimulation)とは、電流を流して筋肉を鍛える運動法です。
    1960年代に開発され、現在では、筋肉トレーニングや一般の運動器具などで幅広く活用されています。

    EMSによる筋肉収縮運動は、自己の意思による場合と同じようなメカニズムで行われ、パットを貼って、電源を入れることだけで意識的動きを必要とせず、くつろぎながらマイペースで短時間~長時間のトレーニングが可能です。

    zu3.gif自発的運動と違い忙しい人もOK!
    ながら筋力トレーニングができます。
    例えば....
      ・横になったまま
      ・テレビをみながら
      ・掃除をしながら
      ・仕事をしながら(デスクワーク)
      ・歩きながら(通勤、散歩など)
    など、ちょっとした時間を使って筋トレ運動が出来ます。
    ですが、危険な場所や行動中、例えば、包丁や火気の使用中、階段の昇り降り中、運転中、入浴中・・・etcなどでのご使用はおやめください。


    「腹筋するぞ!」(自発的運動)

    脳から命令が伝達
       ↓
    腹筋を(頑張って)する
       ↓
    自発的運動は、脳から、筋肉に命令が伝わります。運動しようとする自分の意思があってはじめて、脳から指令が出ます。
    逆にいえば、運動しようとする意思がなければ、いつまでたっても運動しないということ。


    「EMSするぞ!」(自分の軽い意志)

    電気が筋肉を刺激
        ↓
    腹筋が(勝手に)トレーニングさせる
        ↓
    筋肉は、脳からの指令がなくても、皮膚の上から一定の法則に沿った電気を流すことによって、十分に(もしくはそれ以上に)活動します。
    この電気刺激がEMSなのです。


    体を 鍛えようと思ったとき、大抵の人はそれなりの硬い決意が必要ですよね。
    (例えば、明日からダイエットのためにトレーニングしよう!とか、夏に向けて腹筋をしよう!とか。)
    そして、それが実際にはなかなか続かない人が多いように、運動を続けるということは、もっともっと揺るぎない固い意思が必要です。

    ところが、EMS運動は、ちょっとだけ電気の力を借りるので、楽な気持ちで運動ができてしまいます。
    EMS
    スポンサードリンク


    この広告は一定期間更新がない場合に表示されます。
    コンテンツの更新が行われると非表示に戻ります。
    また、プレミアムユーザーになると常に非表示になります。

    この記事へのトラックバック

    トラックバックURL

    履いて動いて脂肪を燃焼